簡単だからやってみよう!らっきょう簡単漬け <視聴時間 2:18>



簡単だからやってみよう!らっきょう簡単漬け

らっきょう簡単漬け
らっきょうは、真夏の猛暑の中、手作業で植付けをします。
10月に、紫の美しい花を咲かせ、5月・6月で収穫。
らっきょう特有の香りは、硫化アリルという成分です。
糖分とビタミンB1の吸収を促進するので、疲労回復効果があります。

らっきょうは収穫後も生命力が強く、芽が出やすいので、購入後は早く漬けましょう。

【準備】
※らっきょうを1キログラムとして用意するもの
・塩  20グラム
・らっきょう酢  500グラム前後が目安となります
(根切りしたあとの量や保存瓶の大きさにより変わります)
 ◆市販のらっきょう酢ではなく、らっきょう酢を作る場合は。。
  水 150ミリリットル、砂糖 250グラム、食酢 350ミリリットル
  水と砂糖をひと煮立ちさせ、冷ましてから食酢を入れる。
・甘いのがお好きな方は、氷砂糖 50~200グラム
・お好みで赤とうがらし 1~2本
・熱湯消毒した保存瓶
 ◆保存瓶の熱湯消毒の仕方(やけどに十分注意してください)
  水から保存容器を鍋に入れて煮沸させ、トングや菜ばしで取り出し乾かします。
  ※保存容器が入る大きなお鍋がない場合
   水洗い後、いったん60~70度Cの湯を注いでびんを温め、湯を捨ててから
   改めてびんの内と外に熱湯をまわしかけます。
  ※要注意:水洗いしたびんに急に熱湯をかけると割れ・ひびの原因になります。

【出典】Youtubeチャンネル『coopnetweb』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー検索

ピックアップ記事

この動画も人気♩

ページ上部へ戻る