下準備がポイント!春の香りを取り込んだ「筍ご飯」の作り方 | Chef’s Holiday <視聴時間 5:55>



下準備がポイント!春の香りを取り込んだ「筍ご飯」の作り方 | Chef’s Holiday

今週のChef’s Holidayは今が旬の筍ご飯。丁寧に筍のあくを抜くのがポイント。さらに油揚げを­ミキサーにかけることで油分と旨味がまんべなくご飯にしみ込みます。パーティー気分で­土鍋で炊いて、旬を楽しんではいかがでしょう。

【材料(4人前)】
-お米…2合
-筍…約200g(あく抜き用に米ぬか適量、唐辛子1本)
-油揚げ…1枚
-出汁…1と1/2カップ(筍の下味用に別途適量)
-薄口醤油…大さじ2
-酒…大さじ2
-木の芽…少々

【作り方】
1. 筍のあく抜き。
筍を洗って穂先をカットして縦に切れ目を入れる。鍋に筍、水、米ぬか、唐辛子を入れて­ゆがく。根元に竹串が通れば茹で上がり。このまま一晩おく。
2. 筍を流水できれいに洗いながら皮をむき、かたちを整えて半分にカット。もう一度30分­ほどお湯でゆがく。
3. さらに筍を出汁で30分ほど煮込んで下ごしらえのできあがり。
4. 米を洗い、筍の穂先はスライス、根元はダイスにカット。油揚げをミキサーで粉砕する。
5. 土鍋に米、筍、油揚げ、出汁、薄口醤油、酒を入れて炊く。
6. 炊き上がったら茶碗に盛付ける。木の芽を手のひらでポンと叩いて香りを出し、筍ご飯の­上にのせて完成。

【出典】Youtubeチャンネル『ビデリシャス | 料理と暮らしのレシピ動画メディア』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー検索

ピックアップ記事

この動画も人気♩

ページ上部へ戻る